【これで万全】ワシントンDCの地理は道路の番号と名前で

世界中から多くの人が訪れるワシントンDCには見どころがたくさんありますが、初めて訪れる方の中にはどこに行ったらいいのか迷ってしまうのではないでhそうか?

この記事では目的の場所により効率よくたどり着くために知っておいた方が良い点の一つとして、ワシントンDCの住所について紹介したいと思います。

4つの地区からなるコロンビア特別区

ワシントンDC地図
ワシントンDC全域。ポトマック川東側の地域にあり、ひし形の形をしている。

ワシントンDCは合衆国議会議事堂を中心に4つの地区に分かれています。このうち観光客が多く訪れるのは北西区と南西区、そしてポトマック川を渡った先のヴァージニア州アーリントン市です。

今回はその中でワシントンDCについて紹介します。

ワシントン市の全体像として、ひし形の形になっていますが、住所の拠点である合衆国議会議事堂はその中心より若干東に位置しています。そのため、西地区の面積が東地区より広くなっています。

 

東地区は低所得者の住宅が密集する地域

合衆国議会議事堂から東に行った場所は低所得者が暮らす住宅地になっていて、観光スポットはほぼありません。

南東区のアナコスティア地区周辺にはワシントン・ナショナルズの本拠地、ナショナルズ・スタジアムがありますが、この地域周辺はワシントン市内でも特に治安が悪いので、観光客は近づかない方が良いでしょう。

また、ユニオン駅付近も夜になると物乞いが集まってくるので、あまり長居はしないことをオススメします。駅自体は観光の拠点で構内には数多くのショップが立ち並び、一つの観光スポットになっていますが、人が行き交う場所である反面、そういった負の場面もあるので十分な警戒心を持って行動しましょう。

 

観光スポットがあるのは西地区

ワシントン市北西区
ワシントン市北西区。この地区に多くの観光スポットが点在している。

ホワイトハウスなどの多くの政府機関や、リンカーン記念堂に代表される記念碑などの観光スポットと呼ばれる場所はほぼ西地区に集中しています。

中でもナショナルモールがある北西区はDC観光の中心で、この地区を攻略することでワシントンDCの地理を把握すると言っても過言ではないでしょう。

 

 

ワシントンDCの道路は関数の座標と照らし合わせると覚えやすい

ワシントンDCの道は主に東西南北を走る道路と斜めに走る道路の2種類があります。このうち、南北を走る道路には数字が割り当てられていて、合衆国議会議事堂を原点として敷地の東を南北に走る道路が1番通りになっています。この道路沿いには合衆国議会図書館と最高裁判所、議員会館などがあり、一つの目印になるでしょう。

また、議事堂の南北にはキャピトル通りと呼ばれる道があって、この道路をY軸として東西に1ブロック進むごとに数字がひとつずつ増えていきます。

これに対してX軸となる道路はイースト・キャピトル通りですが、この通りは東地区しか走っておらず、観光客が利用することはないので、あまり役に立ちませんが、参考として覚えておきましょうね。

代わりに西地区のX軸は広大なナショナルモールがそれと思っておけば間違いありません。ちなみに、ナショナルモールの南北を東西に走っている通りは北側がコンスティテューション通り、南側がインディペンデンス通りです。

 

X軸の値が数字ならばY軸の値は?、東西を走る道路はアルファベット

ワシントンDCを東西に走る道路にはアルファベットが割り当てられています。そのため、数字が割り当てられた南北に走る道路とアルファベットが割り当てられた東西を走る道路の交差点は14Kなどといった形で表記されます。

これは14番通りとK通りの交差点であることを意味していて、交差点周辺のあるスポットに行くときはこの表記を目印にして目的地に向かえば迷うことなくたどり着きます。

それから、交差点でよく見る道路標識にはNWなどアルファベット2文字が表記されていますが、これは地区の名前でNWの場合、北西区にいることを示しています。

 

ホワイトハウスの住所はペンシルヴェニア通り1600番地だけど、この意味は?

ペンシルヴェニア通り1600番地

ワシントンDCを訪れたら必ず行っておきたい場所としてホワイトハウスがありますが、ここの住所はペンシルヴェニア通り1600番地です。

市内には東西南北に走る道路を斜めに突き抜けるひときは広い道が走っています。これらの道路にはアメリカ合衆国に加盟している州の名前が割り当てられていて、そのうちの一つであるペンシルヴェニア通りは合衆国議会議事堂の西側から北西に向かってフォギーボトム歴史地区までの区間を斜めに走っています。

ワシントン市北西区の住所は議事堂の南北を走るキャピトル番通りから西に進むにつれて数字が大きくなっていきますが、ホワイトハウスがある場所は東には15番通り、西には17番通りが南北に走っています。

16番通りはどこかというとホワイトハウスの北にあるラファイエット広場を起点に北に向かって走っています。そのため、ホワイトハウスがある位置は16番通りの延長線上にある地点になります。

では下二桁の00はというと、この番号は同じブロック内にある建物に割り当てられた番号で、このブロック内にはホワイトハウスとラファイエット広場がありますが、この内ラファイエット広場はH通りに面してるため、ペンシルヴェニア通りH通り1600番地となります。

結果的にホワイトハウスがある場所はペンシルヴェニア通り1600番地になります。

 

 



ワシントンDCでの街歩きは住所を覚えることから、地元住人のように街を堪能しよう

いかがでしたか?ワシントンDCは人工的にデザインされた計画都市なので、街の形から市内を走る道路に至るまで規則的に設計されています。

南北に走る道路には番号とアルファベットが規則的に割り当てられ、斜めに走っている大通りには州の名前が割り当てられているので、それを目印にすることでいち早く目的地にたどり着くことができます。

ワシントンDCに行った際にはぜひ参考にしてくださいね。

 

【当サイト限定】ANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼント

当サイトの記事を最後まで読んでくださった方に感謝の気持ちを込めてANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼントいたします。

プレゼントを受け取るには、以下のボタンから空メールを送信してください。