プラチナ・カード

【特集】アメリカン・エキスプレスの紹介入会枠とそのメリット

アメリカン・エキスプレスは日本やアメリカをはじめ、世界中で圧倒的なステータスを誇るクレジットカードです。

1枚持っているだけで海外旅行保険を始め、空港やホテルなどでも様々なサポートを受けられ、旅行の質が格段とアップします。旅行で活躍するアメリカン・エキスプレスですが、様々な特典がある分、年会費が他社のカードと比べて比較的高額に設定されています。また、審査基準もそれなりで、欲しいと思ってもなかなか手に入れることのできない一面もあります。

そこで今回はアメリカン・エキスプレスの審査基準とより確実に手に入れるための方法を紹介します。

そもそもワシントンDCにAMEXを持っていくメリットとは?

アメックスの審査基準を紹介する前に、なぜDC旅行にアメックスを持っていくと良いのか紹介したいと思います。

AMEXのプロパーカードは世界共通デザイン

アメックス・グリーン ワシントンDCには世界中から多くの観光客だけでなく、政治家や著名人などが集まる一大都市です。

様々な価値観を持つ人が一つの街にいるため、世界基準で同じデザインのアメックスを持っていくことで、一瞬にして相手に世界基準で信用のおける人であることを示すことができるのです。

アメリカではAMEXのプロパーカードはクレジットカードではない

日本でクレジットカードといえば、利用した金額を指定の期日に一括で支払うことが多いですが、アメリカでいうクレジットカードは最低支払額を払っていれば残りの金額は翌月以降に繰り越しされる、いわゆるリボルビング払い専用のカードのことを指します。

一方、日本のように翌月一括で支払うカードのことをチャージカードと呼び、クレジットカードとは全く別物として格上に見られています。

アメリカでチャージカードとして発行されているのはアメリカン・エキスプレスとダイナースクラブのプロパーカードのみで、その中で券面に同じデザインが採用されているのはアメックスだけです。

カードごとに一律の限度額が決められていない

アメックスのカードには一律の限度額が設定されていません。

これには旅行時など、不意の出費が生じたときに一律の限度額がないことでカード利用に支障をきたさないようにするといった目的があります。 ただし、無制限に使えるわけではないので、詳細な目安額はデスクに確認しておきましょう。

ゴールドの審査基準は世界共通

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 一般カードに位置付けられているグリーンの一つ上である、ゴールドの審査基準は世界共通とされていて、最低年収は3万ドルと言われています。

この数字を見て「えっ?」と思われたのではないでしょうか?

日本円にすると約320万円ほどで日本人の平均年収である約400万円を下回っていますが、これはひとえに日本が世界と比べると富裕国であることを意味しています。

年会費が有料な分、様々なサポートを享受できる

昨今、年会費無料のクレジットカードが出回ってる中、アメックスの年会費は一般カードに位置付けられているグリーンでも税別で12000円かかります。

これは他社のゴールドカードに相当する金額で、アメックスのカードはゴールドは他社プラチナ、プラチナ・カードは他社のブラックカード以上に相当する年会費で、センチュリオンは比類なき一枚とまで言われています。

年会費だけ見ても他社の一つ上をいくアメックスですが、カードに付帯する内容もそれに準じています。特に旅行に関する特典の内容は他社を大きく上回り、使い方によっては年会費の元を取れるどころか、それ以上の恩恵を受けられます。

デスクの対応が優秀

コールセンタースタッフ

カードを利用する上でもう一つ欠かせないのがデスクです。アメックスのデスクはオペレーターに繋がるまでの時間が格段と短く、すぐに用件を伝えることができます。

さらに、アメックスのオペレーターは全員正社員なのである程度の裁量権を持っていて、ほとんどの場合その場で対処していただけます。

特に旅行中は良くも悪くもストレスを抱えているので、些細なことでもカードに関する相談ができるのは大きなメリットですね。

年会費無料のクレジットカードの多くはオペレーターに繋がるまでにかなりの時間がかかり、途中で諦めてしまったり、つながったとしても大抵の場合は派遣社員や契約社員で、「上の者に確認して折り返します。」などといった対応をされることが多いです。

その点、アメックスはこのような対応をされることがないので、そういった意味でも年会費を払って利用する価値があるカードと言えます。

AMEXの審査基準と紹介入会枠で入会するメリット

年会費はかかるものの、それ相応のメリットを享受できるアメックスですが、審査基準がどうなってるのか、気になるのではないでしょうか?

そこでここからはアメックスの審査基準と紹介入会枠で入会するメリットを紹介します。

カードの色は特典の内容で審査基準に違いはない

クレジットカードの多くは一般カード、ヤングゴールド、格安ゴールド、ゴールドカード、プラチナカード 、ブラックカードなどといったグレードがあり、審査基準もそれに応じて変わってきます。

しかし、アメックスのカードは色ごとに審査基準は変わりません。プラチナ・カードに関しては申し込み方法がちょっとだけ特殊ですが、グリーンとゴールドに関しては特典の違いであって、審査基準に違いがありません。

必要に応じてカードの色を選ぶと良いでしょう。

 

まずはAMEXを体感

より充実した旅を

20歳以上の正社員で年収が300万円以上あればグリーンもゴールドも通常申し込みで通る可能性が高い

アメックスの審査基準は世界レベルで共通化されています。

そのため、日本では平均年収を下回る場合でもアメックスの審査に通る可能性がありますが、これはひとえに日本が世界的に見て、富裕国であることを意味しています。

ただし、他社のクレジットカードで延滞を起こしていたり、キャッシング枠があったりすると審査に落とされてしまう可能性もありますでの、申し込みの際は十分に気をつけましょう。

AMEXの審査で最も重視する項目は自社の利用履歴

アメックスが審査で最も重要しているのは自社のカード利用履歴です。

「これから入会したいのにアメックスの利用履歴なんてないよ。」という声が聞こえてきそうですが、これはある意味当たり前のことなのです。

もしあなたが他人にお金を貸すとき、全く面識のない人に貸したいと思いますか?

アメックスも同じことで、既存のカード会員の利用履歴を最重要視します。では初めてアメックスを持つ場合はどうしたら良いのでしょうか?

そこで、既存会員の利用履歴を利用して入会するのです。

AMEXのお友達紹介プログラム

友達紹介

アメックスには既存会員向けにお友達紹介プログラムというものが用意されています。

アメックスの既存会員が知り合いの方にアメックスを紹介して入会するというものです。この方法で入会する場合、本人の属性だけでなく、既存会員の利用実績が考慮されてより確実に入会することができる仕組みになっています。

インターネット上でよく、「アメックスの審査は厳しい。」といった声がある一方で、「私でもすんなり通った。」といった声が聞こえるのは属性がそもそも高いか、紹介プログラムで入会した可能性が高いと言えます。

AMEXの入会で最も確実な方法は営業紹介枠

アメックスの新規入会方法として営業担当者からの紹介で入会する方法があります。

これは主に空港に設置されているアメックスのブースで申し込む方法で、営業担当者と対面で申し込むことができます。 実際に担当者とあって申し込みをするので、通常のウェブ申し込みやお友達紹介枠とは異なり、申込者の人物像が反映され、審査に影響するとまで言われています。

空港はAMEXにとって潜在顧客の山

レーガン空港 成田空港を始め、日本国内の主要空港に行くとアメックスのブースがあり、数名の勧誘スタッフが新規の会員を募集している光景を目にします。

アメックスが空港の高額なテナント料を払ってまでブースを設置しているのは、アメックスが求めている潜在顧客を取り込むのが目的です。

そもそも空港にいる人の多くは飛行機を利用します。飛行機を利用するということはその先に旅行や出張などの目的があり、アメックスが展開しているT&Eサービスと見事にマッチします。 そのため、空港はアメックスにとっても入会希望者にとってもメリットがあると言えるのです。

空港で入会するメリットはあるけど、オススメなのは出発前に入会しておくこと

空港のブースでは営業担当者と対面で申し込みできるメリットがありますが、ここでちょっと疑問に思うのではないでしょうか?

「ワシントンDCにアメックスを持っていきたいのに、空港で申し込んでもその場でカードを受け取れないから意味ないよ。」

そこで、出発前に営業担当枠で入会することをおすすめします。

では空港に行かないでどうやって営業担当者と申し込むのでしょうか?

AMEXの営業枠で入会する方法

アメックスの勧誘ブースは何も空港だけではないのです。東京のターミナル駅に限定はされてしまいますが、アメックスの勧誘ブースが設置されていることがありますので、そこで営業担当者と知り合うことができます。

この方法で入会することで、カードに応じてボーナスポイントがもらえます。さらに、営業担当者にも入会実績ができ、インセンティブが入りますので、双方にそれぞれメリットが生まれるのです。

当サイトの管理者には複数の営業担当者がついている

プラチナ・カード

当サイトの管理者(以下、当方)は現在、プラチナ・カードとビジネス・ゴールド・カード、デルタAMEXゴールドの計3枚のアメックスを保有していますが、これらのカードは全て営業担当枠で入会しました。

このうち、プロパーのプラチナ・カード(申し込み当時はゴールド)とビジネス・ゴールドに関しては空港で直接申し込み、営業担当者と会っています。

当方についている担当者には2014年から3年連続で最優秀営業賞を受賞している方もおられます。

当方について

当サイトでは、より多くの方に記事を活用していただけるよう、一人称の使用を控えてきましたが、この記事では当方がどのようにしてアメックスを手にし、DC旅行を愉しんでいるのかをお伝えしたいと思いますので、当方について少しだけ自己紹介させていただきます。

ホワイトハウスの正面

  • 幼い頃からアメリカが大好きで、小学生の頃には「いつかはホワイトハウスに入ってみたい」と思うようになる。
  • 大学生の時、ワシントン州シアトル郊外の大学に短期留学し、ホームステイを経験する。この時のつながりがのちに役に立つとは、当時知る由もなかった。
  • 大学を卒業し、日本での仕事に翻弄される中、2015年に会社の研修でカリフォルニア州アナハイムに行く。この時、自分が忘れかけていた大切なものを見出し、翌年、プライベートでロサンゼルスに旅行する。
  • 初めてワシントンDCを訪れたのは2017年、この時DCに行くからにはホワイトハウスは外せない、できれば中に入ってみたいと思い、調査を開始。公式サイト上では「大使館に問い合わせるように。」とあったものの、日本大使館のウェブサイト上には「当館ではホワイトハウスの見学申し込みを受け付けていません。」と門前払いされる。
  • そこで学生の時にお世話になったホストファミリーに依頼して議員事務所を紹介してもらい、運良く希望日にホワイトハウスの入館チケットを手に入れ、内部を見学する。
  • この経験をより多くの方と共有し、DC旅行を心から愉しんでいただきたいという想いから、当サイト「トラベルDC」を立ち上げる。

このように、当方はワシントンDCの在住経験はおろか、アメリカには長期で住んでいたことがありません。多くの方と同様日本で働いていて、旅行が好きな「社会人トラベラー」です。

しかしながら、「ホワイトハウスの見学」という一つの夢を通して多くの方と関わり、それが実現へとつなげることができました。関わる全ての方に、この場を借りて感謝いたします。

同時に、より多くの方にDC旅行を愉しんでいただきたく、旅行の質を上げてくれるツールの一つとしてアメックスがあると考えております。

グリーンの審査に落ちた当方がプラチナホルダーに成り上がった理由は?

実は当方、2015年の春ごろにグリーンをウェブから通常申し込みをしたのですが、申請4日後に不幸の手紙を受け取ったという苦い経験があるのです。

当時、1ドル紙幣を思わせるグリーンの券面に百人隊長が鎮座するアメックスに憧れて申し込んだのですが、すでに保有していたセゾンカードとそごうが提携したアメックスのキャッシング枠があったせいか、属性が平均より低いせいか未だに謎ですが、その時の不幸の手紙はかなりの衝撃でした。

半年後、ロサンゼルス旅行に向けてやはりアメックスが欲しいという想いから、プロパーではなく、審査が若干ゆるいと言われている提携カードを発行して実績を作ることを選択し、デルタ航空で行くことが確定していたので、デルタAMEXゴールドを発行することにしました。

グリーンの審査に落ちたのに、なぜデルタAMEXゴールド?と思うかもしれませんが、当時知り合いのプラチナ・カード会員からの勧めと提携カードは提携先が積極的に会員を増やしたいというニーズがあるので、プロパーよりは審査に通りやすいという考えからゴールドを選択し、無事審査に通り、晴れてアメックスホルダーになりました。

デルタアメックス・ゴールド デルタAMEXゴールドを活用して約1年半後、デルタ航空の日本撤退が進んでいた頃、プロパーのアメックスが欲しくなり、初めてのDC旅行の時に空港で営業担当と知り合い、プロパーのゴールドを発行しました。

その時、担当の方からプラチナ・カードの案内がありましたが、当時はデルタ航空の上級会員が半永久的に持てると思っていたので、丁重にお断りして、ゴールドを選択しました。

2018年5月、デルタ航空との提携カードのサービス改定がアナウンスされ、本格的にプラチナ・カードが欲しくなり、発行からまる1年がたった同年10月にプラチナ・カードのインビテーションが届き、デスクに電話してメタルカード発行に合わせてプラチナ・カードにアップコンバージョンしました。

アメックス歴わずか3年足らず、プロパー歴1年でプラチナ会員に

プラチナ・カード

アメックスが発行している全てのカードには会員番号取得年(メンバーシンス)が刻印されています。 当方が初めてアメックスを取得した年は2015年なのでメンバーシンスは15です。

通常インビテーションでプラチナ会員になるにはプロパーカードを通算1年以上利用し、その中で少なくとも数ヶ月間はゴールドである必要があると言われていますが、「プロパーカードを1年以上使ってもなかなかインビテーションがこない。」という方が多いのが現実です。

これは、日本ではクレジットカード保有者のほとんどが日常的に活用していないことが原因と考えられますが、プラチナ・カードが欲しくてもなかなかインビテーションが来ないので、電話や、空港などにいる営業スタッフに直接催促するケースもあるほどです。

当方がプロパー保有1年でプラチナ会員になることができたのは、ひとえに営業担当枠で入会し、日常的にアメックスを活用しているからだと思います。なお、現在はプラチナ・カードの門戸が開放され、希望者には積極的に発行を促進しているので、以前ほど入会自体は難しくなくなっているようですが、「誰から紹介されて入会したか。」ということは今も重要視されていると思われます。

営業紹介枠でAMEXを申し込む

アメックスは旅をより豊かにし、忘れられない思い出を作ってくれるツールとなってくれること間違いありません。

カード入会には審査がありますので、より確実に入会するには営業担当と知り合って入会することをオススメします。

そう、DC旅行にはこれがいる。

【当サイト限定】ANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼント

当サイトの記事を最後まで読んでくださった方に感謝の気持ちを込めてANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼントいたします。

プレゼントを受け取るには、以下のボタンから空メールを送信してください。