fbpx
トラベル D.C.

【特集】2020年版、アメリカン・エキスプレスの営業担当紹介について

日本版プラチナ・カード

日本からワシントンDCに旅行する際、ほとんどの方は直行便を運行しているANAかユナイテッド航空を選ぶのではないでしょうか?

航空会社を選ぶ時、乗り継ぎなどの余計な手間がない直行便は、多くの方にとって最も利用する事が多いと思います。

さらに日本からワシントンDCに移動する場合、長距離路線になるのでマイレージプログラムに参加してマイルを貯めている方も多いと思います。

その際、マイルを貯めるのに最適なクレジットカードを持つ事になりますが、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスはVISAやマスターカードなどと比べて、海外旅行に特化したクレジットカードと言われています。

アメックスとして親しまれているアメリカン・エキスプレスですが、海外旅行に特化しているだけあって、自社が提供するサービスを売りにしたプロパーカードの他にも、航空会社やホテルなどと提携した提携カードも多数発行しており、一人ひとりのニーズにあったクレジットカードを選ぶ事ができます。

しかしながら、アメックスはカードの年会費の高さなどから、富裕層のクレジットカードとも言われ、実際に入会審査も他のクレジットカード会社よりも厳しいと言われています。

そこで、アメックスに入会するにはアメックスの会員から紹介してもらうか、アメックスの社員と直接対面で申し込むのが通例となりつつあります。

当方もワシントンDCへの旅行の際には、アメックスの特典をフルに活用して愉しんでいますが、保有しているアメックスは全て営業担当からの紹介で入会しました。

今回はアメリカン・エキスプレスに入会する方法の一つとして、営業担当を通して入会する方法を紹介します。なお、2018年にも当サイトで同じ内容の記事を掲載しましたが、時が経ち事情が変わりましたので、2020年版として新たに掲載させていただきます。

2018年版はこちらからご覧ください。

目次

2019年12月現在、ブログを通しての営業紹介が解禁

アメリカン・エキスプレスの入会方法としては、インターネットでの申し込み、既存会員からの紹介、そして営業担当からの紹介の3つの方法があります。

このうち既存会員と営業担当の紹介は、これまで不特定多数への紹介が禁止されていて、当サイトでも2018年版の記事にてお伝えしました。

しかし、2019年12月1日にアメックスの営業担当とお会いする機会があり、ブログを通しての紹介が公式的に可能となりましたので、こちらの記事をもってお知らせとさせていただきます。

当サイトから営業担当を通して申し込む方法

アメックスの担当と知り合うには、東京都内や空港にあるアメックスのブースに自ら赴いて入会する方法がありますが、地方に住んでいる方はもちろん、東京都内に住んでいる方でもアメックスのブース自体の数が少ない上、移動する事があるので、ブースを見つけることは意外と難しいのです。

そこで手っ取り早く営業担当をつける方法として、担当経由で入会した既存会員から紹介して入会するという方法があります。

この場合、実際に担当者とお会いすることはありませんが、入会時に直接電話で申し込む事になるので、その時点で紹介者だけでなく入会者であるあなたにも担当がつく事になるのです。

当サイトでは専用のお問い合わせフォームをご用意しておりますので、そちらからお気軽にお問い合わせください。

営業担当は誰にでもつくわけではない

これまでの内容と矛盾するような見出しですが、アメックスの会員全員が営業担当とつながっているかというと、そうではありません。

入会方法で紹介したように、オンラインで入会して見事審査に通った方は担当者がつくことはありませんし、既存会員からの紹介枠で入会した方も、オンラインの紹介プログラムで申し込んだ方にも、担当者はついていません。

このように、アメックスの会員でも対面で申し込んでいなかったり、既に担当がついている会員から紹介してもらって申し込んでいない場合は、営業担当がつかないのです。

当方が保有しているアメックスは全て営業担当を通して入会

当方はプラチナ・カード(申し込み時はゴールド)、ビジネス・ゴールド・カード、デルタ・ゴールド、そしてANAプレミアムの4枚のアメックスを保有しております。

この内、いちばん最初に申し込んだデルタアメックスゴールドのみ電話で申し込み、プロパーの個人ゴールドとビジネスゴールド、そしてANAプレミアムの3枚は対面で申し込みをしたので、全てのアメックス に対して営業担当がついているという事になります。

なお、個人ゴールドに関しては2018年10月、インビテーションにてプラチナ・カードにアップコンバージョンしています。

アメックスの審査について、担当者がつくと審査基準は変わるの?

一般的にアメックスはお金持ちのカードでステータスが高く、入会基準が厳しいと言われていますが、結論から言いますとある意味当たっててある意味外れてるというのが答えです。

その「ある意味」とは入会方法のことで、「誰から入会するか」が一番大切なキーワードになります。

アメックスの審査で一番重要なポイントは、「自社の利用状況が良好であること」で延滞なくきちんとカードをコンスタントに利用している事が一番の要素になります。

もちろん、定職についていることなどは公式サイトにも書かれていますので、ここでは割愛しますが、アメックスが審査で一番大切にしていることは、自社での利用実績なのです。

では、アメックスの会員ではない方が新規で会員になるにはどうしたら良いのでしょうか?

この答えが既存会員から紹介してもらうことです。ただし、ここで大切になるのが「誰から紹介を受けるか」で、営業担当がついている良好な実績がある既存会員からの紹介でなければ、せっかく申し込んでも望み通り入会できるとは限りません。

良好の利用実績を持っている既存会員の実績を利用するのと、そこに営業担当を通すことで優遇審査で入会する事ができるのです。

ちなみに、オンラインで紹介する「お友達紹介プログラム」では優遇審査は行われてませんので、営業担当の紹介を通して申し込んで初めて審査の優遇が受けられます。

当サイトがアメックスを推薦する理由

冒頭でもお伝えした通り、アメックスは旅行に特化したクレジットカードであり、ステータスの高さからワシントンDCでフルに活用できるクレジットカードです。

世界中から多様な人々が集まるワシントンDCでは、クレジットカードのステータスでその人の信用が測られると言っても過言ではなく、クレジットカード1枚でその人への待遇が変わってしまうのです。

このことは当サイトを運営するにあたり、実際にワシントンDCへ複数回、取材に赴いて検証した結果であり、実際に同じお店で違うカードを出してみたら、待遇の違いが見られたという事実があります。

また、ホテルでの待遇に関しては、同じ予約サイトでホテルをとり、現地でチャックインの際にデポジットとしてアメックスを出した時と、他社のカードを出した時では、アメックスの時は通りに面した景色が良い部屋に、他社カードの時は窓のそばが隣のビルといった、通された部屋に雲泥の差がありました。

フェアファックスホテルからの眺め
アメックスを提示した時にアサインされた部屋からの眺め。
キンプトン・モナコ。ホテルの客室一例
他社カードを提示して通された部屋。部屋自体はよかったが、窓の外は隣のビルが今にも手が届きそうな距離で迫っていたので写真にすら納めていない。

また、プラチナ・カードで予約した際には既にホテル側にアメックス会員である事が伝わっていて、きめ細やかなサービスを受ける事ができました。

このように、ワシントンDCはもちろん、特に海外ではクレジットカード1枚でその人の信用度が測られてしまうので、国際ブランドの中でもステータスが高いアメックスを保有することは、旅行を愉しむための必須のツールと言えます。

当方はサイトを訪れてくださった一人でも多くの方がアメックスを保有し、ワシントンDCはもちろん、世界中で旅行を愉しんで欲しいという想いから、このように発信させていただいております。

こちらのアメックス紹介は審査通過をお約束するものではありませんが、アメリカン・エキスプレス・ジャパンの営業担当から公式に許可を得て掲載しているものですので、入会希望者は安心して申し込む事ができます。

当サイトで紹介可能なアメックス・カード

当サイトではアメリカン・エキスプレス・ジャパンが審査、発行するクレジットカードの紹介が可能です。

具体的にはセンチュリオン・カードを除く以下の個人カード、ビジネスカードの紹介が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

また、カード選びの参考に年会費と主な特典をまとめてみました。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメックス・グリーン
年会費税別12’000円
家族カード1枚につき税別6’000円
メンバーシップ・リワード100円で1ポイント
メンバーシップ・リワード・プラス別途年会費3’000円で登録可能(2年目以降は自動更新)
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
プライオリティ・パススタンダード会員(通常年会費99ドル)
海外旅行保険利用付帯

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
年会費税別29’000円
家族カード1枚無料
メンバーシップ・リワード100円で1ポイント
メンバーシップ・リワード・プラス別途年会費3’000円で登録可能(2年目以降は自動更新)
ザ・ホテル・コレクション館内利用料金より100ドル相当オフ
チェックイン時の空き状況により客室アップグレード
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
プライオリティ・パススタンダード会員(通常年会費99ドル)
年2回までラウンジ利用無料
ゴールド・ダイニング招待日和(提携レストランで2名以上で予約すると1名分無料)
海外旅行保険自動付帯

プラチナ・カード

日本版プラチナ・カード
年会費税別130’000円
本人追加カード1枚無料
家族カード4枚無料
メンバーシップ・リワード100円で1ポイント
メンバーシップ・リワード・プラス無料
ファイン・ホテル・アンド・リゾートアーリー・チェックイン(12:00)
レイト・チェックアウト(16:00)
2名まで朝食無料
館内Wi-Fi無料
館内利用料金より100ドル相当オフ
チェックイン時の空き状況により客室アップグレード
ザ・ホテル・コレクション館内利用料金より100ドル相当オフ
チェックイン時の空き状況により客室アップグレード
ホテル・メンバーシップヒルトン・オナーズ(ゴールド)
マリオット・ボンヴォイ(ゴールドエリート)
ラディソン・リワード(ゴールド)
シャングリ・ラ・ゴールデンサークル(ジェイド)
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
グローバル・ラウンジ・コレクションセンチュリオン・ラウンジ
インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ
デルタ・スカイクラブ
エスケープ・ラウンジUS
エアスペース
プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ
ルフトハンザ・ラウンジ
プライオリティ・パスプレステージ会員(通常年会費399ドル)
無制限で本会員と同伴者1名まで無料
ファイン・ダイニング予約の取りずらいレストランを会員向けに期間限定で提供
2for1ダイニング招待日和(提携レストランで2名以上で予約すると1名分無料)
海外旅行保険自動付帯

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

スカイトラベラー
年会費税別10’000円
家族カード1枚につき税別5’000円
メンバーシップ・リワード100円で1ポイント
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
海外旅行保険利用付帯

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

スカイトラベラー・プレミア
年会費税別35’000円
家族カード1枚につき税別17’500円
メンバーシップ・リワード100円で1ポイント
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
海外旅行保険利用付帯

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

ビジネスグリーン
年会費税別12’000円
追加カード1枚につき6’000円
メンバーシップ・リワード100円で1ポイント
メンバーシップ・リワード・プラス別途年会費3’000円で登録可能(2年目以降は自動更新)
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
海外旅行保険利用付帯

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

ビジネスゴールド
年会費税別31’000円
追加カード1枚につき12’000円
メンバーシップ・リワード100円で1ポイント
メンバーシップ・リワード・プラス別途年会費3’000円で登録可能(2年目以降は自動更新)
ミーティング・スクエア帝国ホテル東京にあるラウンジを利用可能(予約制)
ザ・ホテル・コレクション館内利用料金より100ドル相当オフ
チェックイン時の空き状況により客室アップグレード
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
海外旅行保険自動付帯

ビジネス・プラチナ・カード

ビジネスプラチナ
年会費税別130’000円
本人追加カード1枚無料
追加カード4枚無料
メンバーシップ・リワード100円で1ポイント
メンバーシップ・リワード・プラス無料
ミーティング・スクエア帝国ホテル東京にあるラウンジを利用可能(予約制)
ファイン・ホテル・アンド・リゾートアーリー・チェックイン(12:00)
レイト・チェックアウト(16:00)
2名まで朝食無料
館内Wi-Fi無料
館内利用料金より100ドル相当オフ
チェックイン時の空き状況により客室アップグレード
ザ・ホテル・コレクション館内利用料金より100ドル相当オフ
チェックイン時の空き状況により客室アップグレード
ホテル・メンバーシップヒルトン・オナーズ(ゴールド)
マリオット・ボンヴォイ(ゴールドエリート)
ラディソン・リワード(ゴールド)
シャングリ・ラ・ゴールデンサークル(ジェイド)
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
グローバル・ラウンジ・コレクションセンチュリオン・ラウンジ
インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ
デルタ・スカイクラブ
エスケープ・ラウンジUS
エアスペース
プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ
ルフトハンザ・ラウンジ
プライオリティ・パスプレステージ会員(通常年会費399ドル)
無制限で本会員と同伴者1名まで無料
海外旅行保険自動付帯

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANA CARD
年会費税別7’000円
家族カード1枚につき税別2’500円
メンバーシップ・リワード100円で1ポイント
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
海外旅行保険利用付帯

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANA AMEXゴールド
年会費税別31’000円
家族カード1枚につき税別15’500円
メンバーシップ・リワード100円で1ポイント
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
優先チェックインANA国際線利用時はビジネスクラスのチェックインカウンターを利用可能
海外旅行保険自動付帯

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

年会費税別165’000円
家族カード4枚無料
メンバーシップ・リワード100円で1ポイント
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
ANA国内線ラウンジ本会員のみ利用可能
プライオリティ・パスプレステージ会員(通常年会費399ドル)
無制限で本会員と同伴者1名まで無料
優先チェックインANA国際線利用時はビジネスクラスのチェックインカウンターを利用可能
ホテル・メンバーシップシャングリ・ラ・ゴールデンサークル(ジェイド)
海外旅行保険自動付帯

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カード

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費税別12’000円
家族カード1枚無料
スカイマイル100円で1マイル
メダリオン会員プログラムシルバーメダリオン
2年目以降は100万円以上のカード利用でシルバーメダリオン継続
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
海外旅行保険利用付帯

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

デルタアメックス・ゴールド
年会費税別29’000円
家族カード1枚無料
スカイマイル100円で1マイル
メダリオン会員プログラムゴールドメダリオン
2年目以降は150万円以上のカード利用でゴールドメダリオン継続
100万円以上のカード利用でシルバーメダリオン
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
海外旅行保険自動付帯

SPGアメリカン・エキスプレス・カード

SPGアメックス
年会費税別31’000円
家族カード1枚につき税別15’500円
マリオット・ボンヴォイ100円で1ポイント
エリート資格ゴールドエリート
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
継続ボーナスマリオット系列のホテル1宿泊無料(除外日なし)
海外旅行保険自動付帯

ペルソナ・アメリカン・エキスプレス・カード

ペルソナアメックス
年会費税別14’000円
家族カード1枚につき税別7’000円
Sポイント200円で2ポイント
海外旅行保険利用付帯

ペニンシュラ東京アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ペニンシュラアメックス
年会費税別29’000円
家族カード1枚無料
メンバーシップ・リワード100円で1ポイント
メンバーシップ・リワード・プラス別途年会費3’000円で登録可能(2年目以降は自動更新)
ザ・ペニンシュラ・ホテルズでの優待アーリー・チェックイン(12:00)
2名まで朝食無料
予約時の空き状況により客室アップグレード
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
プライオリティ・パススタンダード会員(通常年会費99ドル)
年2回までラウンジ利用無料
ゴールド・ダイニング招待日和(提携レストランで2名以上で予約すると1名分無料)
海外旅行保険自動付帯

アメックスのあるDC旅行

当方の営業担当を通してアメックスの新規会員になりたい方は、専用のお問い合わせフォームからご希望のカードを選択の上、お問い合わせください。

当方とアメックスの営業担当双方にお問い合わせ内容が送信されますので、より柔軟な対応が可能です。

その後、お客様ご指定のお電話番号に担当者から直接入電、ご住所を記入した際にはご指定のご住所宛に申込書が送付されますので、お申し込みの手続きを行なってください。

当方はこのサイトを通して、一人でも多くの方がアメックス を保有し、より充実した旅を愉しんでいただけることを心から望んでおります。