ステートダイニングルーム

ステートダイニングルームに「ある」言葉

ステートダイニングルーム

ホワイトハウスの140人もの座席数のある大食堂「ステートダイニングルーム」、皆さんもニュースで晩餐会の様子をご覧になったことがありませんか?そこにある暖炉には、第2代アダムズ大統領の言葉が刻まれています。「願はくはこの館で統治するすべてのものが賢く、かつ誠実な者であることを。」この言葉をご存知でしょうか?

どこにある?ステートダイニングルーム

まず、ステートダイニングルームは、どの位置にあるのでしょうか。

ホワイトハウスは、3つの建物から成りますが、中央のレジデンス、大統領の「住居」にあたる部分の、日本で言う2階の部分にあります。エントランスホールから、グリーンルーム、ブルールーム、レッドルームの前を横切り西側へ進むとそこがステートダイニングルームです。国賓を迎えた公式晩餐会は、ここで行われます。

ファミリーダイニングルーム

この部屋の北側にあるファミリーダイニングルームは、入って右の扉の先にありますので、ステートダイニングルームから覗き込むことが出来ます。ファミリーという名称ですが、実際は小規模な公式・非公式の夕食会に使用され、大統領の家族が日常使用することはありません。

第16代大統領エイブラハム・リンカーンの肖像画の下には…

名言が刻まれている暖炉とその上にはリンカーン大統領の肖像

ステートダイニングルームに入ってまず目を引くのは、正面中央のエイブラハム・リンカーンの肖像画でしょうか。この肖像画は長年にわたってこの位置を占めています。

ですが、ぜひ見てもらいたいものが、この肖像画の下にある暖炉です。この一角に刻まれている言葉、「願はくはこの館で統治するすべてのものが賢く、かつ誠実な者であることを。」です。

これは、外観は完成したものの、内装工事中のホワイトハウスに移り住んだ第2代大統領ジョン・アダムズが、その妻、アビゲイル夫人に宛てた手紙の一節です。マントルの修復をした際に、第32代大統領フランクリン・ルーズヴェルトの命でここに刻まれました。

ステートダイニングルームにあるワシのデザインをあしらったサイドテーブル

ホワイトハウスに主人として住む人が、賢く・誠実な人でありますように。権力者に願わずにはいられない言葉ですね。今後再度修復が行われたとしても、ずっとこの言葉を残しておいて欲しいものです。

 



「願はくはこの館で統治するすべてのものが賢く、かつ誠実な者であることを。」

ステートダイニングルームには、見どころも多く、シャンデリア、カーペット、カーテン、部屋の内装の素晴らしさに心を奪われてしまいます。ですが、過去の言葉に感銘を受け、時代を超えても心を打つ大統領の言葉を刻んだ暖炉も、ぜひご覧になってください。

ホワイトハウスに行ったら、見逃したくないスポットの一つとしておすすめします。

 

【当サイト限定】ANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼント

当サイトの記事を最後まで読んでくださった方に感謝の気持ちを込めてANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼントいたします。

プレゼントを受け取るには、以下のボタンから空メールを送信してください。