ホワイトハウスで使われている陶器の一部
  最終更新日:

ホワイトハウスのレジデンスの地階はどんな所?ライブラリ、ヴァーメイルルーム、チャイナルームの紹介!

センターホール
レジデンスの地階の中央通路であるセンターホール。この日は多くの見学客で賑わっていた。

ワシントンDCを訪れたら、ぜひ足を向けてみたいのが政治の中枢であるホワイトハウスです。ホワイトハウスでは、観光客向けにガイドツアーが開催されていますので、機会がある時に利用してみてはいかがでしょうか?ここでは、レジデンスの地階に設けられているライブラリやヴァーメイルルーム、チャイナルームを簡単にご紹介します。

レジデンスとは?

センターホールに設置されていたパーティション
センターホールの中央部から西側は外交官応接室や大統領執務室があるウエストウィングへと続く回廊に面しているため、パーティションで仕切られ、向こう側が完全に見えないようになっている。

ホワイトハウスの中で、大統領やファーストレディーの住まいとして使われているのがレジデンスと呼ばれる建物です。こちらのレジデンスの地階には、さまざまな部屋が設けられています。各部屋に行く時に通るのが、地階の中央にあるセンターホールです。センターホールは、イーストウィングやウエストウィングにも繋がっていて、地下の広い廊下といった感じです。天井はアーチ形で、要所要所に椅子や植物のディスプレイなどが見られます。このセンターホールは幅が広いため、窓がなくても余り圧迫感がありません。ただ、途中にはパーティションがあり、ウエストウィングへとつながる空間まで見渡すことができないようになっています。

ライブラリ
センターホールの北側に面しているライブラリーは現在、男性用の来客控え室として使用されている。

ライブラリは、その名の通り書斎となっている部屋です。ちなみにこちらの部屋は、第26代大統領セオドア・ルーズヴェルトが書斎にする前はランドリールームとして使われていました。ライブラリへの入室は出来ませんが、センターホールから覗くことは可能です。

ヴァーメイルルームとチャイナルーム

ヴァーメイル・ルーム
センターホールを挟んでライブラリーの向かいにあるヴァーメイル・ルームは女性用の来客控え室。ライブラリーと比較してこっちは華やかな印象を放っている。

ヴァーメイルルームは、ライブラリの向かい側にある部屋で、ナンシー・レーガンを始めとする歴代のファーストレディーの肖像画がかけられています。ヴァーメイルルームの名前の由来は、金メッキが施された銀。こちらの部屋には、マーガレット・トンプソン・ビドル婦人から遺贈されたヴァーメイルのコレクションが保管されています。女性用のレセプションルームとして使われているだけあって、エレガントでシックなインテリアでまとめられているのが特徴です。

チャイナ・ルーム
ヴァーメイル・ルームの隣にあるチャイナ・ルームにはホワイトハウスの公式晩餐会などで使用される陶磁器が保管されている。
ホワイトハウスで使われている陶器の一部
晩餐会等で使用される陶磁器の一部はセンターホールにも展示されている。

一方、磁器を保管してあるのが、ヴァーメイルルームの隣にあるチャイナルーム。チャイナルームには、ホワイトハウスの食事会などで使われた食器類が展示されています。歴代の大統領の時代に使われた磁器のコレクションが見られるのがこちらの部屋です。ヴァーメイルルームやチャイナルームも入室が出来ませんので、センターホールからちょっと覗いて楽しむことになります。

ホワイトハウスの魅力を堪能出来るレジデンス

レジデンスは、ホワイトハウスのプライベートな一面に触れられる場所です。ヴァーメイルルームやチャイナルームといった、歴代の大統領やファーストレディーの軌跡が分かる部屋も、地階のレジデンスにはあります。ホワイトハウスの長い歴史に思いを馳せながら、ゆっくりと地階を見学してみるのも楽しいひと時になるでしょう。

ワシントンDCのホテルをお得に予約するなら

航空券とセットでお得

【当サイト限定】ANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼント

当サイトの記事を最後まで読んでくださった方に感謝の気持ちを込めてANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼントいたします。

プレゼントを受け取るには、以下のボタンから空メールを送信してください。

阪急交通社より豊かな旅の情報をお届け