スポンサードリンク

ハミルトンホテルのロビー

マクファーソン駅からわずか1ブロック、ハミルトンホテルで快適なDC滞在

ワシントンDC観光の中心、ナショナルモールから14番通りを北に進むと右側にフランクリン・スクエアと呼ばれる小さな緑地帯が見えてきます。そこを過ぎてK通りを渡ったところに石造りのハミルトンホテルがあります。

今回はハミルトンホテルの魅力と周辺の情報について紹介します。

ホワイトハウスまでは徒歩圏内、駅にも近い立地抜群のホテル

ハミルトンホテルの周辺には地下鉄ブルー、オレンジ、シルバーラインのマクファーソン駅があり、ワシントン市内はもちろんヴァージニアやメリーランド州からのアクセスも抜群です。

タクシーを使う場合は行き先を告げる時に「Hamilton Hotel 14K」と言えば通じます。

また、ホワイトハウスまでは約3ブロックで歩いていくことができます。ホワイトハウス周辺を観光するにはもってこいの場所ですね。

世界屈指のホテルチェーン、インターコンチネンタル・グループの傘下

ハミルトンホテルの外観

ハミルトンホテルはイギリスの大手ホテルチェーン、インターコンチネンタル・グループ傘下のクラウンプラザのホテルとして展開しています。

インターコンチネンタルというと、同じ14番通りを南に行ったところに老舗のウィラードホテルがあります。ウィラードホテルは市内でも有数の超高級ホテルで、誰もが一度は泊まってみたいと思うようなところですが、その分宿泊料金が高いので多くの方はなかなか手が出せないのではないでしょうか?

その点、ハミルトンホテルはウィラードホテルと同じグループなので、インターコンチネンタルの高品質なサービスを手ごろな価格で受けることができます。こう紹介するとハミルトンホテルはウィラードの廉価版のように感じてしまうかもしれません。しかし、ホテル選びで一番大切なことは価格ではなく、相性ではないでしょうか?

いくら高いお金を出していいホテルに泊まっていいサービスを受けたとしても、それが自分に合っていなければ快適なホテル滞在とは言えません。ホテル選びの際には感性を大切にしたいですね。

セキュリティ対策も万全、部屋までの道のり

ホテルにチェックインするとカードキーが渡されますが、エレベーターで上に上がる際にカードキーを刺してから部屋がある階数を押すようになっています。

これで宿泊客以外は同伴でない限りエレベーターで上の階に行くことができないため、安心して利用することができます。慣れない海外でこういう設備があるのは非常に安心ですね。

重厚感ある外観とは正反対、モダンな客室

ハミルトンホテルの客室

ホテルの外観やロビーは細かい装飾が施され、重厚感に溢れていますが、一歩部屋に入るとシックでモダンなインテリアに囲まれます。

部屋の壁にはワシントンDCにまつわる絵画や地図などが掛けられていて、ますます旅のテンションが上がる場所になっています。設備は一般的なアメリカのホテルの物に加えて、バスローブが備え付けられているので、パジャマを用意する必要はありません。

ただし、歯ブラシなどの衛生用品は備え付けられていないので日本から持参するか、同じ14番通りを南に行ったところにあるCVS薬局で購入してください。

K通りに面したバルコニー付きレストランで優雅な食事を

14Kの朝食
14Kレストランで提供されているフル・ブレックファスト

ホテル1階の南側にはバルコニー付きのレストラン、14Kがあり、そこからK通りを挟んでフランクリン・スクエアを眺めることができます。秋から春先にかけての朝食時は寒いのであまりオススメしませんが、ランチや早めのディナーで立ち寄る際は是非バルコニーをリクエストしてはいかがでしょうか?

バルコニーの他には通常の席と入り口付近にバーカウンターがあるので、お好みに応じてリクエストして利用してください。

コンチネンタル?それともフル?ホテルの朝食

14Kのコンチネンタル朝食
14Kのコンチネンタル・ブレックファスト

ホテルの醍醐味の一つと言ったら何といっても朝食ではないでしょうか?

ハミルトンホテルでは毎朝14Kで朝食を提供しています。スタッフに案内されて席に着いたらまず飲み物を注文した後、食事を取りに行きます。

この時パンやヨーグルト、カットフルーツなどが置いてある場所とオムレツやジャーマンポテトなどが置かれてる場所が離れています。これは朝食スタイルの違いから来ていて、パンやヨーグルト、フルーツの盛り合わせといった熱を通さない料理だけの朝食をコンチネンタル・ブレックファスト、オムレツやジャーマンポテトなどの火を通した料理を加えた朝食のことをフル・ブレックファストと呼び、選びやすいようにしているのです。

レストランだけではない、シアトル発のコーヒーチェーン、スターバックスも入居

ハミルトンホテルにはホテル直営のレストランだけではなく、スターバックスも入っています。場所はフロントデスクの右にある細い通路を入って左側にあり、外に出ることなく入店できますが、一般客も入れるように外側にも出入口があります。

そこでホテルからそのまま外出する際にここを利用してはいかがでしょうか?レストランではなく、緑の中で気軽に食事したい場合など、スタバでテイクアウトして観光しながら食事というのもワシントニアンの雰囲気を身に纏えますよ。

ホテルから主な観光地へのアクセス方法

ハミルトンホテルの近くにはマクファーソン駅があるので、そこから市内やお隣のアーリントンなどに気軽にアクセスできます。そこで代表的な観光地への行き方を紹介します。

ホワイトハウス周辺

ホテルからわずか3ブロックほどですので、徒歩で行くことができます。ホワイトハウスの周辺には財務省やアイゼンハワー行政府ビルなどの政府機関の建物を始め、大統領の教会として知られる聖ヨハネ教会や、ホワイトハウス歴史協会、お土産やさんのホワイトハウス・ギフツなどが建ち並んでいます。15番通りを少し南に行けば商務省がありますが、そこの1階にはホワイトハウス・ビジターセンターがあり、予約なしで誰でも入ることができます。

メトロセンター駅周辺

マクファーソン駅から東に一駅のメトロセンター周辺には数多くのショッピングセンターが建ち並んでいます。中でもメイシーズは全米屈指の百貨店で駅に直結しています。地上に出ると大手スーパー、ウォルグリーンやファッションストア、フォーエバー21、駅から2ブロック東に進んだ10番通りを南に行くとフォード劇場があります。

ユニオン駅周辺

ユニオンステーション

メトロセンター駅でレッドラインのグレンモント行に乗り換えるとユニオン駅に行くことができます。ユニオン駅では各種現地ツアーの申し込みができたり、数多くの店が入居しているので買い物や食事を愉しむことができます。

駅から南に行くと合衆国議会議事堂、最高裁判所、議会図書館などがあり、議事堂のビジターセンターと議会図書館には誰でも予約なしで入ることができます。

ナショナルモール周辺

リンカーン記念堂

ワシントン記念塔を中心に東西に広がるナショナルモール周辺、特にリンカーン記念堂がある西側には地下鉄が走っていません。そこで利用したいのがシェア自転車です。シェア自転車はワシントン市内の至る所で借りることができ、30分以内にスポットに一度返却すれば1日8ドルで何度でも利用することができます。

ホテル最寄りのスポットは14番通りとニューヨーク通りが交差するあたりにあり、ワシントン記念塔付近には北東のコンスティテューション通りと15番通りの交差点付近、南東には14番通りとジェファーソン通り付近、南西にはインディペンデンス通りと17番通りの分岐点あたりにあります。

リンカーン記念堂付近には南北にそれぞれ1箇所ずつ、ジェファーソン記念堂付近には南側の遊歩道を出てすぐ、オハイオ通り沿いにあります。

ジョージタウン周辺

チェサピーク・オハイオ運河

数多くのおしゃれな店や、オールド・ストーン・ハウスやチェサピーク・オハイオ運河など、歴史的建造物が建ち並ぶジョージタウンへは市内を走る循環バスがおすすめです。

ホテルから14番通りを渡ってK通りを少し西に歩くとバス停があり、そこからジョージタウン行のイエローループに乗れば行くことができます。

デュポンサークルとアダムズ・モーガン地区

マクファーソン駅から一駅のメトロセンター駅でレッドライン、シェイディーグローブ行に乗り換えるとデュポンサークル駅、アダムズ・モーガン駅に行くことができます。デュポンサークル周辺にはおしゃれな店が建ち並び、夜遅くまで賑わっています。一駅先のアダムズ・モーガン駅周辺には動物園や西にタクシーで10分ほど向かえばワシントン大聖堂にも行くことができます。



駅から近くて観光に便利な高立地のホテル

ハミルトンホテルは市内に数多くあるホテルの中でも観光に便利な場所にあり、公共交通機関を使ってほとんどの場所に行くことができます。

立地だけではなく、サービスも一流で快適なホテル滞在を愉しむことができます。ワシントンDCを観光する際には是非利用してはいかがでしょうか?

スポンサードリンク