ホワイトハウス正面

モデルコース:定番コースだけでは物足りない、ワシントンDCを満喫する6日間の旅(デルタ航空編)

世界中から多くの観光客で賑わう合衆国の首都ワシントンDC、ホワイトハウスや合衆国議会議事堂などの多くの政府機関やリンカーン記念堂などの記念碑が立ち並び、ワシントンDCの定番観光スポットになっています。

しかし、この街を何度か訪れている人にとって政府機関の建物や記念碑群をただ外から眺めたり、写真を撮ったりするだけに飽きてしまっているのではないでしょうか?

そこで今回はちょっとディープなDC旅行を効率よく愉しむために、モデルコースを作ってみました。

ノースウエスト航空時代から日本発着路線を多く有するアメリカ系エアライン、デルタ航空で行くワシントンDCの旅

1日目:夕方出発の便で乗り継ぎ地のデトロイトへ

15:50:デルタ航空276便で成田国際空港を出発

エアバスA350で快適なフライトを。時間帯によって自動的に照明の色が変わり時差ボケを解消、座席クラスに応じて最適な機内サービスを提供。

14:20:デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港に到着

入国手続き後、再度搭乗手続きを済ませ、ワシントンDCへ。デルタ航空が発着するデトロイト空港のターミナルは広大でショッピング施設やレストランが充実しているので、乗り継ぎ時間も有効に使うことができます。

国内線で同日の夕方から夜、ワシントン・ロナルド・レーガン・ナショナル空港に到着

滞在先のホテルへ

 

2日目:ワシントンDCの政府機関を巡る内部視察ツアー

合衆国議会議事堂

午前中はあらかじめ議員を通して申し込んだホワイトハウスの内部視察ツアーに参加。

午後はオンラインで予約しておいた合衆国議会議事堂内部を視察。

その後、地下通路を通って議会図書館へ

 

3日目:ワシントン大聖堂で合衆国のキリスト教文化に触れる

ワシントン大聖堂の聖壇

7:30:大聖堂の地下礼拝堂で行われる早朝礼拝に出席(毎週水曜日)、引き続き黙想礼拝に出席(毎週水曜日)、礼拝後は南側に隣接する主教の庭を散策。

12:00:大聖堂の聖壇内で行われる正午礼拝(平日毎日行われています。)に出席、引き続き行われるオルガンメディテーション(毎週水曜日)で大聖堂に響き渡るパイプオルガンの音色を堪能。

午後は大聖堂主催のハイライトツアーに参加、その後展望カフェにてアフタヌーンティー(毎週水曜日)。

17:30:聖歌隊による夕礼拝(平日毎日行われています。)に出席。

 

4日目:ワシントンDCからエクスカージョン、合衆国建国の父、ジョージ・ワシントンがこよなく愛したマウントヴァーノンと古都アレクサンドリアへ

観光の最終日はポトマック川を渡ってお隣のヴァージニア州へ。マウントヴァーノンに行く前に数多くの英雄たちが眠るアーリントン国立墓地へ。

第35代大統領ジョン・F・ケネディと妻のジャクリーンが眠る墓を訪れ、とそこに灯されている永遠の炎と背景に建つアーリントンハウスを鑑賞。後ろを振り返るとワシントンDCのナショナルモールを一望できます。その後、無名兵士の墓を訪れ、衛兵交代式に参列。

アーリントンを離れ、古都アレクサンドリアへ。ワシントン大統領が通っていたクライストチャーチ内部を視察。ワシントン一家のボックス席など、当時の面影を味わうことができます。

マウントヴァーノンでは彼が半生を過ごした邸宅内部と広大なプランテーションを鑑賞。そして旅の終わりにワシントン大統領とマーサ夫人が眠る墓を訪れ、合衆国が歩んできた歴史に想いを馳せる。

 

5日目:たくさんの思い出とともに日本へ

早朝:国内線でワシントン・ロナルド・レーガン・ナショナル空港を出発

11:55:デルタ航空275便でデトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港を出発

機内泊

6日目:日本に到着

15:05:成田国際空港に到着

この旅程で必要な予約リスト



アメリカ人の真髄に触れる、デルタ航空で行くワシントンDCの旅

いかがでしたか?ワシントンDCとその周辺に広がる観光地を外からだけではなく、一歩中に入ってみると合衆国の歴史と文化を肌で体感することができます。

デルタ航空で行くワシントンDCの旅を愉しんでみてはいかがでしょうか?

【当サイト限定】ANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼント

当サイトの記事を最後まで読んでくださった方に感謝の気持ちを込めてANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼントいたします。

プレゼントを受け取るには、以下のボタンから空メールを送信してください。