セント・ジョン教会の聖壇

ワシントンDCにあるセント・ジョンズ教会を訪ねる

キリスト教を信仰する人が多くの割合を占めるアメリカには街を歩けば至るところに教会があります。

特にワシントンDCは街自体の面積が小さいので、少し歩いただけでも違った教会を見ることができる、密集地になっています。

今回はその中でもホワイトハウスから一番近いところにあり、大統領が通う教会として知られているセント・ジョンズ教会について紹介します。

「大統領の教会」として知られるセント・ジョンズ教会

セント・ジョン教会の外観

セント・ジョンズ教会はホワイトハウスの北にあるラファイエット広場からH通りを挟んで北側、16番通りの東側のブロックにあります。この一帯には高級ホテルとして知られるヘイ・アダムズや行政府ビルなどが建ち並び、伝統と格式を感じられる場所になっています。

教会の名前になっているセント・ジョンは福音書を書いた一人である聖ヨハネのことで、アメリカにある多くの教会では聖書の登場人物の名前がつけられています。

教会堂はギリシア風の建築スタイルで、正面のファサードは合衆国議会議事堂などで多く見かけるパルテノン神殿の形をしています。建物の外壁は鮮やかなクリーム色で、白や濃い茶色の建物が多いワシントンDCの中では異色の存在感を放っています。

セント・ジョンズ教会は聖公会の教会

セント・ジョン教会の聖壇

ホワイトハウスからわずかのところにあるセント・ジョン教会はアメリカに数多くある教会の中でも富裕層が多くを占める聖公会の教会です。

聖公会とはもともとイングランドの国教会を指しますが、アメリカの聖公会は独立革命の背景から、スコットランド聖公会の流れを組んでいます。聖堂には星条旗と共に聖公会の旗が掲げられていますが、旗の左上の部分はスコットランドの国旗を思わせるようなデザインになっています。

誰でも参加できる礼拝

セント・ジョン教会のパイプオルガン

セント・ジョンズ教会の礼拝は毎日行われていて、誰でも参加することができます。礼拝の開始時間は日曜日の朝7時45分からと9時から、11時からの3回と月曜日から金曜日の12時10分からと19時からになっています。

礼拝は誰でも参加することができますが、礼拝中の入退出、聖堂内の写真撮影は原則禁止になっていますので注意してください。

 



大統領の教会で静かな祈りのひと時を

多くの見所があるアメリカ合衆国の首都ワシントンDCですが、ホワイトハウスから一番近くにあるセント・ジョン教会で祈りのひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか?

ワシントンDCの観光スポットをより深く愉しむには、その土地の文化や価値観を共有することがいちばんの近道です。

教会へのアクセスはホワイトハウスから歩いていくことができますが、ワシントンDCをより効率よく周るには乗り降り自由の観光バスを利用するのがベストです。バスはラファイエット広場の真ん前に停車するので、セント・ジョンズ教会はもちろん、そのほかのホワイトハウス周辺の見どころにも簡単にいくことができます。

【当サイト限定】ANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼント

当サイトの記事を最後まで読んでくださった方に感謝の気持ちを込めてANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼントいたします。

プレゼントを受け取るには、以下のボタンから空メールを送信してください。