fbpx
トラベル D.C.

ワシントンDCにあるフランシス・スコット・キーの記念公園を訪ねる

フランシス・スコット・キー記念公園

“O say can you see by the dawn’s early light”でお馴染みの国歌は1814年、弁護士であったフランシス・スコット・キーによって描かれました。

米英戦争が激化する中、ワシントンDC郊外のボルティモアにあるマクヘンリー要塞に掲げられていた星条旗が夜通しの砲撃にもかかわらず、奇跡的に耐え抜き朝日を浴びて神々しくはためいていたことに感動し、即興で描きあげたのがこの詩です。

キーによって描き上げられたこの詩は新聞に掲載され、瞬く間に全米に広まり、当時酒場で流行していた『アナクレオンの歌』のメロディーに合わせて歌われるようになりました。

当時、アメリカでは正式に国家を採用しておらず、イギリス国歌のメロディーに合わせて歌われていた”Let Freedom Ring”や、”Hail Columbia”などが国歌として歌われていましたが、1931年3月3日、キー作詞の『星条旗 Star Spangled Banner』が正式に国歌に採用されました。

今回は国歌の生みの親であるフランシス・スコット・キーの住まいがあった記念公園を紹介します。

ジョージタウンのポトマック川沿いに佇むこじんまりとした公園

記念公園の中心にあるフランシス・スコット・キーの胸像と1814年当時と同じデザインの星条旗。

記念公園がある場所はワシントンDCの西、ジョージタウンの一画にあります。

ジョージタウンのメインストリートであるM通りを西に進みウィスコンシン通りから4ブロック先の丁字路の手前、左側にこじんまりとした公園がありますが、そこがかつてフランシス・スコット・キーの住まいがあった記念公園になっています。

公園の入り口には”Francis Scott Key Park Star Spangled Banner Monument”とあるのですぐに分かるでしょう。

園内には国歌が誕生した経緯や、キーの生涯などを紹介したパビリオンが並んでいて、中央にはキーの胸像と1814年当時のデザインである15の星とストライプが描かれたナイロン製の星条旗が掲げられています。

記念公園はガイドブックには載っていない

ワシントンDCを紹介した日本人向けのガイドブックにはジョージタウンが紹介されてはいるものの、キーの記念公園は紹介されていません。地図には掲載されていることもありますが、ジョージタウンのおしゃれなお店などにページが割かれてしまっているのでほとんどの観光客はどうしてもそっちに足を運んでしまいます。

そのため、キー記念公園は広大なナショナルモールと違ってほとんど観光客が訪れないので、ある意味ワシントンDCの穴場スポットとなっています。

キーブリッジも見逃せない、アーリントンからの眺めを堪能

アーリントンから眺めるキーブリッジとジョージタウンの街並み。

記念公園を訪れた後は隣接する橋を渡ってヴァージニア州川に渡って見ることをお勧めします。橋を渡った先のヴァージニア州側からはキーブリッジとジョージタウンの街並みを一望できるスポットがあり、新たな写真スポットとして人気があります。

また、アーリントンは行政区が変わりますので、ワシントンDCにはない近代的な高層ビル群があり、市内とはまた違った雰囲気を愉しむことができます。

ロスリン中心部
ワシントンDCからポトマック川を渡った先にあるヴァージニア州アーリントンのロスリン地区には近代的な高層ビルが建ち並ぶ。

国歌の歴史と近代的な街並みが交差する二つの街

ワシントンDCの西、ジョージタウンはおしゃれなお店と国歌を生んだキーの記念公園があるヒストリカルタウン、一方橋を渡ると近代的なビルが建ち並ぶ洗練されたエリアとなっていて、全く違った趣のある街並みが川を挟んで隣り合っています。

観光地としてはあまり人気がありませんが、人々の喧騒から離れてたまにはゆっくり過ごしてみるのも旅の醍醐味と言って良いのではないでしょうか。