ホワイトハウスにある特注のスタインウェイピアノ

玄関でパーティー?数々の大統領が通った華麗な正面玄関内部

正面玄関からブルールームの入り口を眺めると左側に星条旗、右側に大統領旗、ドアの真上に大統領の紋章が掲げられている。

ホワイトハウスのメインとなる棟はレジデンスで、通常テレビなどで観るレジデンスはバルコニーのある方角が映し出されています。この方角、実は裏側で、正面は反対側なのです。もちろん公式行事で大統領らが出入りするのは正面玄関です。ここでは正面玄関の内側とをご紹介します。

ホワイトハウス内のスタインウェイピアノ

ホワイトハウスにある特注のスタインウェイピアノ

正面玄関の前には車寄せが造られており、大統領専用車もここへ横付けされます。エントランスホールは縦9メートル超と横13メートル超と広々とした空間です。壁面などは淡いピンクと白、床は淡いピンクとベージュの大理石で、手入れによっていつもピカピカです。

エントランスホール内部の様子

エントランスホールといっても、ここでは舞踏会などのイベントも行われます。イベントに合わせて登場するのが、かつてイーストルームに保管されていたスタインウェイピアノです。ホワイトハウス内にはいくつかのピアノがありますが、このピアノが最も有名です。

このピアノは、1933年にホワイトハウスの再設計を請け負った建築家のエリック・ガグラーがデザインしました。ピアノの足は金箔のアメリカン・イーグルが支えており、ボディの側面には中世の舞踏会をモチーフにしたような絵柄が金箔で装飾されています。

 



大階段も必見の価値アリ

大階段

ホワイトハウスは正面玄関だけでも広く、華やかです。

また、階上に上がるレッドカーペットが敷かれた大階段もドラマティックで印象的です。歴代の大統領が上り下りし、時には名誉の挨拶をするなど、儀式の場としても使われます。肖像画などを見て、歴史に思いを馳せてみるのも面白いかもしれません。

 

【当サイト限定】ANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼント

当サイトの記事を最後まで読んでくださった方に感謝の気持ちを込めてANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼントいたします。

プレゼントを受け取るには、以下のボタンから空メールを送信してください。