財務省

自由に旅をしたいけど、ある程度の日本語サポートが欲しい、フリープランで行くワシントンD.C.

ワシントンDCにはホワイトハウスなどの政府機関の建物をはじめスミソニアン博物館や、リンカーン記念堂に代表される記念碑など、数多くの見どころで溢れています。

そんな魅力ある街を自由気ままに旅したいと思っていても、慣れない海外で言葉が不安、移動手段がわからない、などといった心配を持っている方も多いのではないでしょうか?

そこでお勧めしたいのが、旅の間は自由行動で航空券とホテルがセットになったフリープランです。今回は自由に旅することができるフリープランについてメリット、デメリットなどを紹介します。

フリープランは旅行会社が企画するツアーの一つ

旅行会社で販売されているフリープランは航空券とホテルがセットになったツアーの一つです。こう紹介すると「えっ、ツアーなの?」とガッカリしてしまう方もいると思いますが、あくまでも航空券とホテル、場合によっては空港とホテル間の送迎や現地交通機関のチケットがセットになったもので、現地での日程は自分で決めることができます。

それから旅の間は日本語でサポートを受けることができるので、初めて旅行する方には大変便利な旅行スタイルなのです。

 

フリープランで行くワシントンDC

旅行会社が企画するツアーでありながら、自由に旅をすることができるフリープラン、ではワシントンDCに行くフリープランにはどのようなものがあるのでしょうか?

ここからはワシントンDCに行くフリープランについて紹介します。

航空会社は全日空、またはユナイテッド航空が多い

日本からワシントンDCに就航している直行便は全日空とユナイテッド航空しかないので、必然的にこの2社を利用することが多いです。乗り継ぎ便が選べるプランもありますが、初めて旅行する方や乗り継ぎの心配をしたくない方にはフリープランは最適な旅行スタイルです。

ホテルは大抵キャピタル・ヒルトン、またはワシントン・ヒルトン



フリープランで宿泊するホテルはどこの旅行会社も大抵キャピタルヒルトン、またはワシントン・ヒルトンになります。

キャピタル・ヒルトンはホワイトハウスからわずか2ブロックほどのところ、地下鉄レッドライン、ファラガット・ノース駅から徒歩約5分のところにある、観光に最適なホテルです。

ワシントン・ヒルトンは最寄り駅の地下鉄レッドライン、デュポンサークル駅から少し離れていますが、コネティカット通りとカリフォルニア通りの停留所から市バスが出ているので、そこから地下鉄の駅や市内のあらゆる場所へアクセスすることができます。

初めてワシントンDCを訪れる方や、すぐに観光したい場合などはキャピタル・ヒルトン、観光地から少し離れた場所でゆっくり過ごしたい方などはワシントン・ヒルトンがオススメです。

 

フリープランのメリット

これまでワシントンDCに行くフリープランを紹介しましたが、では具体的にフリープランのメリットとは何でしょうか?

フリープランの最大のメリットはやはり旅行会社のツアーでありながら、自由に旅することができるということでしょう。ツアーなので旅行に関する手続きのほとんどは旅行会社が手配するので、その時間を現地でどのように過ごすか計画を立てる時間に回せます。

それから、空港とホテル間は日本語を話すドライベーによる送迎、ホテルではチェックインから部屋まで、チェックアウトの時もサポートしてくれることが多いです。

旅の途中も電話などで日本語サポートを受けることができますし、中には無料で現地のガイドが街歩きのコツを教えてくれたり、1時間程度観光スポットを案内してくれるものもあります。

 

 

ワシントンDCのフリープランを探す

フリープランのデメリット

自由気ままに旅ができ、日本語サポートもついてくるフリープランですが、旅行会社のツアーであるがゆえにデメリットもあります。

ツアーなので料金がある程度決まっている

フリープランは旅行会社が企画するツアーなので個人旅行と比べて料金の変動が小さいです。これはメリットなのでは?と思うかもしれませんが、料金がある程度決まっているということは個人の場合は同じ航空会社とホテルでより安く予約できるのに、フリープランでは決まった料金で予約しなければならないということです。

ひとり旅の場合はホテルの追加料金がかかる

一人で旅行する場合、フリープランで予約するとお一人様追加料金がかかります。個人旅行の場合、ホテルの料金は基本的に1部屋あたりの料金なのでお一人様追加料金はかかりません。

航空会社やホテルの選択肢が限られる




ワシントンDCのフリープランでは航空会社は全日空かユナイテッド航空です。ごく稀にデルタ航空やJALなどが選べますが、乗り継ぎ便ですし到着空港も市街地から最寄りのロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港ではなく、市街地から車で約30分かかるワシントン・ダレス国際空港なので、時間を無駄にしてしまうだけです。

ホテルも大抵キャピタル・ヒルトンかワシントン・ヒルトンの2択なのでほとんど選択肢がありません。

現地に到着してからすぐに自由行動にならない

現地での行動が自由なフリープランですが、ホテルにチェックインが終わってもすぐに自由にできない場合が多いです。フリープランはツアーなので部屋に入った後も部屋の説明から始まって滞在中の連絡先やオプショナルツアーの申し込み方など、現地で過ごすにあたっての注意事項を説明されます。

初めての方にはいいかもしれませんが、そういった情報は日本にいるときに調べておいて現地ではすぐに動きたい方にはデメリットと言えるでしょう。

 

 

ワシントンDCのフリープランを探す



フリープランを活用して快適なDC滞在を

旅行会社が企画するツアーでありながら現地では自由に旅することができるフリープランは、海外旅行初心者や言葉に不安がある方などには最適な旅行スタイルと言えるでしょう。

ツアーであるがゆえのデメリットもありますが、それを必要としている方にとってはメリットになる場合もあるので、上手く活用することで場合によっては個人旅行よりも充実した旅をすることができます。

また、旅の上級者もたまには初心に帰ってフリープランを利用してみると新しい発見に出会えるかもしれませんね。

フリープランを活用して快適なDC滞在を満喫してみてはいかがでしょうか?

 

【当サイト限定】ANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼント

当サイトの記事を最後まで読んでくださった方に感謝の気持ちを込めてANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼントいたします。

プレゼントを受け取るには、以下のボタンから空メールを送信してください。