デルタアメックス・ゴールド

訃報:デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カードの上級会員資格が自動付帯から利用金額による変動制に

海外旅行に欠かせないクレジットカード、特にアメリカに旅行する際には必須のアイテムになっています。ワシントンDCはもちろん、アメリカへの渡航で選択肢に入るのがデルタ航空、そのデルタ航空とアメリカン・エキスプレスが提携するクレジットカード、デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カードにはカードを保有するだけで上級会員が付帯するという世界的に類を見ない一大特典が付帯されています。

しかし、2018年5月14日、カード保有者にとって衝撃的な情報が発表されました。

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カードのメダリオン取得プログラム開始

今までカード保有で自動付帯されていたメダリオン会員特典は利用金額による変動制に変更

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カードを保有するだけでデルタアメックス の場合はシルバーメダリオン、デルタアメックスゴールドの場合はゴールドメダリオンが自動で付帯されていました。

しかし、2018年6月28日より、メダリオン会員取得プログラムは入会日を基準に1年間でのカード利用額によって変動するようになりました。

デルタアメックスの場合、カード利用金額が年間100万円未満の場合、メダリオン会員の取得はありません。100万円を超えた場合のみ、翌年の会員資格がシルバーメダリオンになります。

デルタアメックスゴールドの場合、カード利用金額が年間100万円未満の場合、デルタアメックスと同じで、メダリオン会員の取得はありません。100万円を超えた場合はシルバーメダリオン、150万円を超えた場合に初めてゴールドメダリオンになります。

カード利用ボーナスマイル終了

これまで、カード利用金額100万円を超えるごとに、デルタアメックスで3000マイルと3000MQM、デルタアメックスゴールドでは5000マイルと5000MQMを獲得できましたが、2018年6月28日以降はこれらのボーナスマイルは一切なくなります。

デメリットだけじゃない?家族カードの年会費は1枚無料、海外利用時のボーナスマイル獲得率がアップ

デルタAMEX保有で半永久的に上級会員という図式は無くなりましたが、家族カードの年会費が大きく改定され、カードの色にかかわらず、家族カードの年会費が1枚まで無料になりました。

ちなみに、アメックスのプロパーカードでは通常のアメックスグリーンは税別6000円、アメックスゴールドのみ、家族カード1枚無料ですが、デルタAMEXの場合はデルタアメックスも、デルタアメックスゴールドも家族カード1枚までは無料です。

家族でカードをフルに活用すれば翌年度のメダリオン会員獲得に近づけそうですね。

それから、ちょっとだけ嬉しいサービスが海外利用時のボーナスマイルがアップしたことでしょう。

これまでデルタアメックスゴールドのみ、海外でカードを利用した場合、100円につき1.25マイル獲得できましたが、2018年6月26日より、デルタアメックスで1.3倍、デルタアメックスゴールドで1.5倍になりました。

海外旅行時だけではなく、海外のショッピングサイトを利用した場合でもボーナス適応になりますので、マイルの獲得率が上がるのは嬉しいですね。

 



メダリオン会員維持にはマイル修行が必要

カードを持つだけで半永久的にデルタ航空の上級会員になれるという夢のカードでしたが、ついにこの日が来てしまいました。

今後、上級会員を維持するためにはJALやANAのように飛行機に乗る必要はないものの、カードを保有し、シルバーメダリオンになるには年間100万、ゴールドメダリオンになるには年間で150万円利用しなければ翌年度以降のメダリオン会員付帯は無くなります。

JALやANAでも上級会員の絞り込みはされていますが、デルタ航空にもその波が押し寄せて来てしまいました。

上級会員の自動付帯は無くなり、デルタ航空を頻繁に利用する日本人にとって、今回のサービス改定は痛くも痒くも無いと思われますが、年に数回、あるいは1回程度海外旅行を楽しむ人にとっては、大打撃となるでしょう。

 

上級会員維持に自信ある方にオススメ

 

デルタ航空の上級会員はないがアメックスのステータスを余すことなく満喫できるプロパーカードはこちら

 

【当サイト限定】ANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼント

当サイトの記事を最後まで読んでくださった方に感謝の気持ちを込めてANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼントいたします。

プレゼントを受け取るには、以下のボタンから空メールを送信してください。