メタル製のプラチナ・カード

AMEXの日本版プラチナ・カードとアメリカ版プラチナ・カードの違い

世界中で通用するステータスを兼ね備えたアメリカン・エキスプレスのプラチナ・カードですが、日本で発行されているプラチナ・カードと本国で発行されているものとは大きな違いがあります。

中でもカードを維持するためにかかる年会費の差は日本の方が倍以上かかり、それだけでも入会を躊躇してしまう人もいるほどです。

では、年会費以外に日米間でどのような差があるのでしょうか?また、年会費に見合ったサービスを使いこなすためにはどうしたら良いのでしょうか?

今回は日米間のプラチナ・カードの違いをDC旅行で役に立ちそうな特典を比較しながら検証していきたいと思います。

年会費の差はなんと倍以上、日本版とアメリカ版プラチナ・カード

アメリカで発行されているプラチナ・カードの年会費は550ドルです。一方で日本版プラチナ・カードの年会費はなんと税別で13万円、アメリカ版の倍以上もかかります。

これは世界的に見てもかなりの高額で、多くのメディアではブランド戦略として取り上げていますが、果たしてそうなのでしょうか?

では具体的にDC旅行で役に立つプラチナ・カードの特典の差を見ていきましょう。

ホテル特典から見る日米間の差



プラチナ・カードに付帯する特典として有名なのがホテルに関するものですが、日米間でいく司があります。

まず日本版プラチナ・カードのホテル特典ですが、アメックスが展開するファイン・ホテル・アンド・リゾートとゴールドにも付帯しているホテル・コレクションを利用することができます。それからホテルのメンバーシップとして、ヒルトンラディソンシャングリ・ラ、そしてスターウッドの各ホテルグループの上級会員が付帯しています。

一方でアメリカ版のプラチナ・カードにはファイン・ホテル・アンド・リゾートホテル・コレクションは同じですが、上級会員ヒルトンスターウッドのみとなっています。

ワシントンDCにはシャングリ・ラに加盟しているホテルはなく、ラディソンに関しては郊外に点在しているので、DC旅行に関していえば大差はありませんが、プラチナ・カードの特典としては日本版の方が優れています。

空港での特典の差

次に空港での特典の差について見ていきましょう。

日本版とアメリカ版両方のプラチナ・カードにはアメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクションというラウンジプログラムが付帯していて、世界中の空港でラウンジを利用することができます。

プログラムの内容自体は日米共同じですが、プライオリティパスで若干の差があります。日本版プラチナ・カードに付帯しているプライオリティパスの会員ランクはプレステージで制限なしに同伴者1名まで無料でラウンジを利用することができます。



一方でアメリカ版のプラチナ・カードにはプライオリティパス・セレクトが付帯していて、その内容はプレステージを大きく上まります。

通常プレステージ会員は制限なしでラウンジを無料、同伴者は32ドルかかりますが、日本版プラチナ・カードを持っている場合は同伴者も無料で入ることができます。しかし、プライオリティパス・セレクトは制限なしで本会員と同伴者2名まで無料で入室可能、そしてユナイテッド航空のラウンジも利用することができます。

ユナイテッド航空は日本からワシントンDCに直行便があって便利なので、ユナイテッド航空のラウンジが利用できる点ではアメリカ版のプラチナ・カードの方が優れています。

プライオリティパス・セレクトはアメリカの大手金融機関を通して発行されるため、日本では発行することはできません。

ラウンジ以外の空港特典として、日本版プラチナ・カードには自宅などから空港までの送迎料金が優待価格になったり、スーツケースを2個まで無料で宅配することができます。

一方でアメリカ版のプラチナ・カードには入国審査で優先的に手続きができるグローバル・エントリー、または搭乗手続きの時に通るTSA事前検査の登録で使えるクレジットが付帯しています。国内線でワシントンDCまで行く時にTSAの事前検査が使えるのは非常に便利ですね。

それから毎年200ドル分の航空券クレジットが付帯しています。アメリカの国内線は受託手荷物は基本有料ですので、このあたりはアメリカの飛行機事情ならではの特典です。

そのほかの特典の差

ホテルでは日本版プラチナカード、空港関連ではアメリカ版プラチナ・カードがそれぞれ優れていますが、そのほかにはどのような差があるのでしょうか?

日本版には毎年無料の国内ホテルの宿泊券、アメリカ版には毎月15ドル分のウーバー・クレジット、12月には20ドル分が付いてきます。

日本版プラチナ・カードは国内ホテルの無料宿泊券が付いてきますので、地方に住んでいる方は空港近くのホテルに無料で前泊して次の日にワシントンDCに旅行したり、日本に帰国後、国内ホテルに宿泊して旅の疲れを取ることもできます。

一方でアメリカ版のプラチナ・カードにはウーバーのクレジットが付いてきますので、DC旅行中に移動で大いに役立ちます。

追加カード、家族カード発行基準の差

プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレスのプラチナ・カードとセンチュリオン・カードは本会員カードと追加カード、家族カードを発行することができますが、日米間で大きな差があります。

日本版プラチナ・カードは本会員カード、本会員名義の追加カード、そして家族カードを4枚まで無料で発行することができます。また、追加カードはプラチナ・カード、ゴールド、グリーンの中から選べますので、用途に応じて使い分けられます。ただし、カードの色に応じた特典が付帯されますので、注意してくださいね。

一方アメリカ版プラチナ・カードの追加カードはゴールドのみで他の色を選ぶことはできません。また。家族カードの発行も年会費がかかり、175ドルで3枚まで発行、4枚目以降は1枚につき175ドルかかります。



プラチナ・カードの年会費の差はホテル特典と追加カード発行基準の差

日本版プラチナ・カードはアメリカ版プラチナ・カードと比べて年会費が倍以上高額ですが、その差はホテル特典と追加カード発行基準の差と言えます。

DC旅行に関して言えば、ホテルの特典に大差がないのでアメリカ版に優位性がありますが、日本版プラチナ・カードでは追加カードと家族カードを4枚まで無料で発行することができますので、家族で旅行する方には発行する価値が大いにあります。

ホテルや空港で特別な体験ができるアメックスのプラチナ・カードですが、入会するにはアメックス本体が発行するグリーン、またはゴールドを保有してインビテーションをもらう方法のほか、既存のプラチナ会員からの紹介対面での営業などでも申し込むことができます。ただし、より確実にプラチナ会員になるには、やはりグリーンやゴールドからの切り替えがベストです。

 

先ずはグリーンでAMEXを体感

プラチナへの近道

【当サイト限定】ANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼント

当サイトの記事を最後まで読んでくださった方に感謝の気持ちを込めてANAマイルを効率よく貯める方法を無料でプレゼントいたします。

プレゼントを受け取るには、以下のボタンから空メールを送信してください。