スポンサードリンク

SmarTrip

DC観光に欠かせないSmarTripの買い方とチャージの仕方

ワシントンDCには様々な交通機関がありますが、オススメなのが地下鉄と市バス、循環バスです。それらを利用するにはSmarTripと呼ばれるICカードを利用すると便利なのですが、初めての方にとってはどうやって買ったらいいのか迷ってしまうのではないでしょうか?

そこで今回はDC観光に欠かせないSmarTripの買い方とチャージの仕方について紹介します。

SmarTripとは

スマートリップとはワシントン市とその周辺地域で運行している地下鉄、市バス、循環バスに乗車するときに使うタッチ式のICカードで、日本でいうSuicaやPasmoなどといったチャージ式の電子マネーのようなものです。

これ1枚で市内とその周辺地域にアクセスすることができ、DC観光の幅がぐんと広がります。特にワシントンDCの地下鉄は東京ほどではないが市内のほとんどをカバーしているので、とても便利です。

どこで買う?SmarTripが買える場所

マクファーソン・スクエア駅

アメリカのほとんどの大都市では公共の交通機関があり、それに対応したICカードを採用しています。ICカードは駅だけでなくスーパーや薬局などで手に入れることができますが、ワシントンDCのスマートリップに関しては駅構内の自動券売機のみでの販売です。

そのため、スマートリップがない状態で初めてバスに乗る場合も最寄りの駅に行って購入する必要がありますので注意してください。

SmarTripは意外と買いやすい

駅について自動券売機を見ると細かい文字がたくさん並んでいるのをみて、難しそうと思ってしまうのではないでしょうか?しかし、せっかくワシントンDCまで来てあきらめてしまうのは勿体無いので、ここまで来たら是非購入してみましょう。

まず結論から言うと、初めてスマートリップを買うときは①の横にるA、B、CのボタンでB>B>C>Cの順にボタンを押すだけです。

そのボタンを押す間にクレジットカードや現金を挿入したり、チャージする金額を操作するだけです。

では詳しくみていきましょう。

地下鉄の券売機
画像をクリックすると拡大表示されます。

まず①のSELECT PURCHASEの横にあるBボタン、PURCHASE SINGLE CARD(1枚のカードを買う)を押します。次にBボタンのPURCHASE VALUE(金額を設定する)を押します。

次に画面の下にある+Sー(ドルを調整)、+Cー(セントを調整)でチャージする金額を設定します。このとき、画面にはカード代の2ドルと初期チャージ金額の8ドルの計10ドルが表示されていますが、行き先や滞在日数によってチャージする金額を調整すると良いでしょう。

チャージする金額が決まったらCボタンのPRESS WHEN DONE(金額を決めたら押す)を推します。最後に確認のためもう一度CボタンPRESS C TO COMPLETE TRANSACTION(取引が完了したら押す)を推します。

そのあとA、B、Cの操作ボタンで支払い方法を決めます。Aが現金、Bがクレジットカード、Cがデビットカードになってるのでお好みのボタンを押します。

現金で支払う場合は②の左にある挿入口に入れますが、1ドル、5ドル、10ドル、20ドルの4種類しか使えません、またその右横にあるコイン挿入口では5セント、10セント、25セントの3種類のみの対応です。

クレジットカード、デビットカードで支払う場合はチャージ金額設定ボタンの右にあるカード挿入口にカードを差し込み、上にあるキーで暗証番号を入力します。このときカードは完全に中に入らないようになってるので、安心して支払うことができます。

支払いが終わるとクレジットカード挿入口の下からSmarTripが出てきますので、忘れずに受け取りましょう。現金で支払った場合、おつりは一番下から出てきます。

チャージするときは最初と最後にカードをかざす

メトロセンター駅

DCの交通機関に乗ってしまうと移動が楽になってどんどん使ってしまうのではないでしょうか?

そこで必要になるのがチャージですよね、チャージの仕方は購入の時とほとんど変わりません。券売機のところに着いたらスマートリップを下の方にある絵のところにタッチします。そのあとは購入時と同じようにB>B>C>Cの順でチャージして、最後にまた絵のところにタッチするだけです。

バスの中ではチャージができないし、現金払いの場合はおつりがない

DC観光に大変便利な公共交通機関ですが、バスに乗る場合はちょっと注意する必要があります。バスは地下鉄の最寄駅がないジョージタウンやリンカーン記念堂周辺などに行く際とても便利ですが、バスの中ではSmarTripのチャージが一切できませんし、現金払いの場合もおつりを渡されません。

あらかじめ駅で多めにチャージしておくか、現金の場合は細かいお金を用意しておきましょうね。

使い切らなかった金額は返金できる

旅も終盤に差し掛かって日本に帰る時、使い切れなかったスマートリップで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

実はこのスマートリップ、駅で返金してもらうことができるのです。改札口にいる駅員に声をかけると手続きしてくれますので返金してほしい場合は声をかけてみましょう。



移動に便利なSmarTripで効率よくDCを観光しよう

地下鉄とバスで市内のほとんどをカバーし、観光にとても便利なスマートリップは1枚あるだけでDC観光の幅がたいへん広くなります。

一見難しそうに見える券売機も1回使えばそう戸惑うこともないでしょうし、仮に戸惑ったとしてもそれ自体が旅のいい思い出になるでしょう。

スマートリップ1枚でDCを歩き回ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク